MiLiARDOベーシスト、魔王魂の管理人KOUICHIのオフィシャルWebサイト

メル友物語 番外編 J子編

テキスト - メル友物語

今日はマウスを買いに博多駅まで電車に乗りました。

┃人空空空空空俺┃
↑電車の席(7人掛け席)

空:空席
人:誰か知らない人
俺:魔王魂の管理人

がっらがら。マヂ空席すぎ。超快適ですわ。

俺の乗車した駅から博多駅までは約30分あるので

携帯アプリでパズルでもやって脳の運動でもと思いました。


┃人空空空空空俺┃

隣駅で停車。乗客が乗ってきます。そして席に座ります。


┃人空ジョ空空空俺┃

人:誰か知らない普通の人
空:空席
俺:魔王魂の管理人。
ジョ:南アフリカ系の黒人女性。名前はジョリーヌと勝手に仮定。ちなみに服装は何故かパジャマ。若くはない。


さすが九州の出入り口福岡。色んな国の方、色んなファッションの方がたくさんおられます。

特に気にもとめずパズルゲームを継続する俺。


┃人空空ジョ空空俺┃


ん?


パズルゲームを継続する俺。


┃人空空空ジョ空俺┃


ん?


パズルゲームを継続する俺。


┃人空空空空ジョ俺┃




ちょっと待とうかジョリーヌ


レディ、まずこの距離はあれだ、恋人の距離だ。

でも僕と君とは恋人じゃないだろ?

だから今の僕らの距離は大変おかしいんだよ。

それともあれか、文化の違いで電車は必ず端から詰める風習とかあるのかな?

まぁそれなら仕方ないよね。ジョリーヌすまなかった。


俺はさ、てっきり俺に何か用事があるのかと思ってしまったよ。

すまない、昔からこういうことよくあるんだ。

あ、あの人俺に好意があるのかな?

ってね。でも実際は俺の自惚れさ。自意識過剰なんだ俺。

だからジョリーヌ、君もただ故郷の風習に従って電車を端から詰めたとかだったんだろ?

日本に来ても祖国の仕来りを大事にするか・・・

なんか俺が福岡に来て一年以上経ってるけど完全に関西弁を貫いてるのと何か似てるな。

まぁお互い色々苦労あるかもしれないが頑張ろうぜ。

とチラっとジョリーヌを見る。


俺のことを穴が開くくらいに凝視しているジョリーヌの顔と目が合いました。



ちょっと待とうかレディ。ひとつだけ聴かせてくれないか。


俺が何か悪いことしたか?泣


ジョリーヌ、僕と君とは結ばれません。

何も君がこの国の人間じゃないとかそんな理由じゃないんだ。

むしろ俺はもっと外国の方々と交流を深める機会が欲しいと思っているくらいさ。


まずね、俺と結ばれるには

・細い

これ。すまない。太っている方に対して差別意識があるとかそんなんじゃ全然無いんだ。
ただ細い女フェチってとこだ。


ジョリーヌもそういうのあるだろ?


そして

・猫顔

これ。すまない。犬顔の方に対して差別意識があるとかそんなんじゃ全然無いんだ。
ただ猫顔フェチってとこだ。

ジョリーヌもそういうのあるだろ?

色々項目があるんだけど、とりあえずこの2点は俺の中では結構重要なんだ。


あ、怒らないでくれ。何も君のことが不細工だとは言ってないだろ?

たまたまタイプじゃなかったってやつだ。すまない、ジョリーヌ。

ただ出会いなんで星の数程あるさ、どうか幸せに生きてくれ。



とか、意味不明な事を考えている間も俺を凝視するジョリーヌ。



┃人空空空空ジョ俺┃

人:興味津々にこちらを伺う知らない人。
俺:パズルゲームを継続する俺。
ジョ:俺を凝視するジョリーヌ


あまりにもジョリーヌがこちらを見てくるので(それも真隣で)パズルゲームもミス多発。

別にこれはいい。

なんてったってゲームだ。

ゲームでのミスやパソコンのエラーみたいに心を持たない物に対して感情を左右されるのはダメだ、そういう人は色々悟り足りない。

だからパズルゲームのミスには何とも思わない。

たださっきから気のせいかもしれんがミスをする度に


ジョリーヌ「ぉぷっす(笑


さすがに気のせいでした。と思ってワザとミス。


ジョリーヌ「ぉぷっす(笑


レディ、すまないが先ほどと同じ質問をさせて頂きたい。


俺が何か悪いことしたか?泣

っていうかもうこれは絡まれてるでOK?

だとしたらとっさに大人の人に助けを呼ぼう!って子供か!

あぁこんな時にも無意識にボケが浮かぶ。俺は関西人の血を半ば呪いつつ

あんまり面白くない自分のボケに対して笑いをこらえつつ

泣きそうでした!


って顔を想像してまた笑いをこらえる俺。

なんかね、こういうピンチの時に浮かぶボケって内容関係無く面白いね。

「何故こういう状況でボケが浮かぶのか」って事だけでも面白い。

と、そうこうしているうちに博多駅が近くなってきた。

やっと着いたよ。もうそろそろ読んでくれている人も目が疲れてきてるだろうから話を終わらせたいんだ。

電車のドアが開くと俺らはバイバイだ。ハブァナイスデーってやつだ。



電車降りる俺

電車降りるジョリーヌ

改札を出る俺

改札を出るジョリーヌ

電気屋さんに向かって歩き出す俺

電気屋さんに向かって歩き出すジョリーヌ

と見せかけて自販機でコーヒーを買ってタバコを吸う俺

自販機でジュースを買って俺の隣で飲むジョリーヌ


だからなんで付いてくんだよ!

お前はオカンか!いや、オカンでも付いてこねーよ!

俺に何か用事か聴いてやるぜ!

ただレディに対してはいかなる場合も紳士的に。

俺「失礼、先ほどから気になっていたのですが私に何かご用でしょうか?」

ジョリーヌ「英語ペラペーラペラペラッサー」

すまないジョリーヌ。俺は英語が全く喋れないんだ。

ストマックエイク=腹が痛い

しか知らないといっても過言ではないくらい俺には英語力が無いんだ。ゴメンネ。

ジョリーヌ「英語ペラペーラペラペラッサー」

オーケー。聞き取れた。全部は無理だったが幾つか単語を聞き取ることに成功した。


・ホールドミー
・ユーアーナイスガーイ
・マイセクスィーバディ
・ペ○ス
・サッンマンエーン
・プリーズ

ジョリーヌそうか、わかった。OK。俺の予想はあまり大きく外れていなかったようだ。

だがすまない、先ほども言った通り君は俺のタイプを大きく外している。


俺「ソーリーストマックエイク!」

ジョ「Oh、マック?」

俺「yhea、bye!」

ジョ「スイマセン、ヨク聴キ取レマセンデシタ!」

俺「ゴメンネ、お腹痛い」

てか日本語喋れたんだな。


ジョリーヌは寂しそうに頷き電気屋へ入っていきました。


なんか今から電気屋に入ると後を追ってるみたいであれなんで別の電気屋へ向かったのですがマウスはお金が足りなくて買えませんでした。




※今日の日記に登場したジョリーヌさんは仮称です。実在する全てのジョリーヌさんとは関係がありません。
後、メル友関係無かった。

© KOUICHI