MiLiARDOベーシスト、魔王魂の管理人KOUICHIのオフィシャルWebサイト

下駄の鼻緒 第05話

テキスト - ゲタの鼻緒

ボーカル
「いやぁマジで久しぶりだね。」


ドラム
「本当だね。僕はてっきりもう終わったのかと」


ベース
「作者のKOUICHIさんには継続力というものが無いそうです」


ギター
「とりあえずメンバーも揃ったことだし練習するぞ」


ボーカル
「さすがリーダー!熱心だね!よーし!歌うぞ~!」


ベース
「あの、失礼かと存じますがボーカルさん歌唱力が著しく低いですね」


ボーカル
「ごめんね。実は歌うの苦手なんだ」


ドラム
「そ、そうなんだ。何でボーカルやろうと思ったの?」


ボーカル
「なんか荷物が少なそうだから。ギターとかだと持ち運ぶの大変だしね」


ドラムベース
「それなら仕方無いね!」


ギター
「まぁボーカルの歌唱力には目をつむろう。でもな・・・」


ドラム
「ん?何だい?」


ギター
「今さら言うのも何なんだが、それ実はドラムじゃないんだよね」


ドラム
「そ、そうなの!?」


ベース
「それは民族系の音楽によく使われる太鼓ですね。逆にドラムよりレアですよ。」


ドラム
「どうりで太鼓の数が少ないと思ったよ。(てか関西弁は?)」


ギター
「人は誰しも過ちが付きものだ。気にするな。」


ボーカル
「さすがリーダー!大人だね!」


ドラム
「あのさ、僕もひとつ気になってることが・・・」


ギター
「なんだ?この際気になることは全部言っておけ」


ドラム
「バンド組んでそろそろ一年になるじゃない?僕まだリーダーがギター弾いてるとこ見たこと無いんだよね」


ギター←リーダー
「ん?今もこうやって弾いてるじゃないか」


ドラム
「あ、うん。パッと見はね。読者の方にはわかりづらいかもしれないけど、それ音出てないんだよね」


ギター
「くそう、倍音の関係で音が聞こえないのか」


ドラム
「あ、いや。もうそういう次元じゃ無くて無音というか・・・ついでに言うと一年間ずっとギターの弦が一本足りてないんだよね」


ギター
「実は俺全くギター弾けないんだ。」


ドラムボーカル
「なんかそれを聞いて安心したよ!リーダーにも欠点はあるんだね!」


ギター
「へへっみんなには内緒やで!」


ボーカル
「なあみんな!練習もそろそろ切り上げてバスケの練習やろうぜ!!」


ギタードラムベース
「おーっ!!」


















ドラム
「(そうか、これドラムじゃ無かったのか・・・)」


© KOUICHI